レンジで温めた焼き魚と耳を立てる猫

街角インタビューで、「戦略」のことを尋ねられたら、アナタはなんと答える?「焼きそば」って、人それぞれで考え方が全然違うかもしれない。
フレーム上

気どりながら熱弁する君と花粉症

少年はとても空腹だった。
あと数日で夏休みという時期、小学校から早足で帰宅しているときだった。
蝉はうるさく鳴いている。
陽の光は強く、夕方でもまだお日様は沈みそうになかった。
少年は汗をかきつつ一人で歩いていた。
友達と一緒に帰ることも多いが、今日はめちゃめちゃ腹ペコだったため、とっとと帰宅してとにかく何か食べたかった。
少年が狙っているのは、昨日の晩御飯のカレーの残り。
昨夜のカレーは、たしか鍋にかなり残っていた気がする。
ご飯だっておそらく、残ったのが冷蔵庫にあるはず。
少年は早くカレーを食べようと、早足で家へと向かった。
すると体中に、汗がさらに噴き出してきた。

勢いでお喋りする妹と電子レンジ
見入ってしまうくらい素敵な人に出くわしたことがありますか?
実は一回だけあります。
電車内で20代前半くらいの人。
同性の私ですが、ドキドキしてしまいました。
どれくらい手入れをしているか、という自分の努力も関係すると思います。
だけど、それ以外で醸し出るオーラは多分存在しますよね。
この世界には素敵な人が多くいらっしゃるんだなーと思いました。

どしゃ降りの日曜の午後は昔を思い出す

今日この頃、自分の子供が家の外で遊ばない。
暑くてきついからだろうか、家の中で遊べるものが大変増えたからか。
ちょっと前までは、ものすごく公園に遊びに行きたがっていたのに、このごろは、ある程度でも行きたがらない。
考えるに、男親から見て、そんなに困ることもなく、気にしないが、しかし嫁は多少でも困っている。
けれど、暑い場所でいさせるのも熱中症が不安だ。

暑い木曜の昼はゆっくりと
富士には月見草がよく似合うと、名文を書いたのは小説家の太宰治だ。
太宰治は、バスで、御坂山塊を越えて、現在の甲府市へ行く途中だった。
バスで偶然一緒になった老女が「あら、月見草」とつぶやく。
その一声で、気付いた太宰の目に映ったのが、月見草、そして日本一の名山富士山だった。
富岳百景の一部のこの話は、富士山を話すときに欠かせないと思う。
多くの文芸に人気の、3776mの名山だ。
どの位置から見てもおんなじように美しい形をしているために、八面玲瓏と言う形容が似合っていると口にされる。
そうかもしれない。
私が特に好きなのは、春の季節の富士山だ。

勢いで熱弁する兄弟と横殴りの雪

出張営業に出ると、四日くらい帰ってこれないこともある。
その時は、一生懸命頑張ってる感は持っているけれど、すごく緊張しているので、毎日3時間睡眠。
起床時間の相当前には、眠いのに目が覚めてしまう。
その代り、終わった時のやりきった感は幸せだ。
思いっきり遊びまわるし、寝れるし、しっかり食事をとる。

自信を持って自転車をこぐ友人と突風
子供の4歳の誕生日がもうすぐで、プレゼントを何にするかを考えている。
妻と話し合って、体で遊ぶアスレチック系かためになるおもちゃか着るものなどにするかを決めようとしている。
考えてばかりでなかなか決まらないので、実物を見に行って決めることにしたけど、がつんとくるものがなかった。
けど、子供に見せてみたら、以外とすぐに決めることができた。
秘密基地というおもちゃに一生懸命になったから、これに決めた。
ただ、家が狭いので、場所をとらないコンパクトなものにした。
価格が、なかなか安かったので、よかった。

ゆったりと歌う姉ちゃんと暑い日差し

検診は、毎回どこか引っかかる。
心臓だったり、血液検査だったり、胃だったり。
胃の検査をバリウムを一杯飲んで受けてみて、検査結果をもらうと、がんの疑惑が存在して、至急、診断を下記の病院にて受けてください。
と書き記してあったのには、あせった。
あせったそれに、心ぼそかった。
大至急評判の良い病院に胃カメラに原付で行ったら、結局、胃炎だった。
胃はずっと前から痛かったので、定期的な検査に引っ掛かったのはわかるが、文言で名前と胃がんの疑惑が存在すると記載してあったら心配だった。

熱中して泳ぐあの人と僕
お盆が間近になって、「とうろう」などのイベントが近辺で行われている。
近くのイベント会場では、竹や和紙で作ったとうろうが置かれていた。
近辺の観光施設では、夜分には電気の明かりはついてなくて、灯ろうの中の明かりだけなのは、めちゃめちゃ美しかった。
竹やペットボトルの中でキャンドルが灯っており、マイルドな灯りになっていた。
やさしい照明が周りの木々を照らし出していてとっても美しかった。

薄暗い休日の夜にお酒を

夏らしいことをこのシーズンはやっていないが、仲のいい人と日曜日、コテージを借りバーベキューをする。
暑い季節の流れだけれど、まれに、息抜きになる。
男手があまりいないので、とてもたくさん火をおこしたり準備をしないといけない。
特に、バーベキューの準備が、女の人は不得意な人がまあまあいるので、してあげないと。
だけれども、しかし必ず全員でワインをがぶがぶ飲むその時は、ビールをがぶがぶ飲まない様に注意しよう。

よく晴れた日曜の夕方は足を伸ばして
暮らしていた場所が違うと食べるものや文化が違うのを妻と暮らしだしてからとっても分かることになった。
ミックスジュースシェイクしようかと妻からなんでか言われ、自分はあまり飲まないけど売っていたのかなと考えたら、地元では作るのが一般的みたいだ。
缶詰のフルーツと作った氷を投げ入れて、ミルクをいれこんでミキサーでミックスして完成だ。
作ったものを飲んだのは最初だけれど、とってもおいしかった。
よかったし、今でははまって、俺もつくっている。


フレーム下 class=

サイトカテゴリ


Copyright (C) 2015 レンジで温めた焼き魚と耳を立てる猫 All Rights Reserved.

ページの先頭へ