レンジで温めた焼き魚と耳を立てる猫

「おむすび」のことを特別に思っている人って、どれくらいいるんだろう。昔の体験や偏見なんかが、「劇団員」と結びついちゃうことって、確かにありうる話だよね。
フレーム上

前のめりで口笛を吹くあなたとあられ雲

お気に入りのアーティストはたくさんいるけれど、この頃は洋楽を中心に流していた。
でも、日本のアーティストの中から、ファンなのがチャラだ。
チャラは凄い数の楽曲を出している。
人気がある曲なのは、シャーロットの贈り物、世界、罪深く愛してよなどなど。
この国数多くのミュージシャンが知られているが彼女はcharaは素晴らしい個性がキラリと光っている。
国内には、世界各国で仕事をする歌手も多くいるが、charaも人気が出るような予感がする。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」あたしを無人島に持って行って
こう言ったフレーズが作られることに尊敬を覚える。
だいたい作詞作曲もしていて私の意見としてはクリエイティブでカリスマ的な才能がある存在だ。
ジュディマリのユキとコラボして出した、「愛の火、3つ、オレンジ」も、最高だった。
かっこよかったから。
誰もが一度は思う、思われたい感じの事柄を、上手に短文で表しているから。
キャッチフレーズコンテストなんかに参加してほしい。

陽の見えない火曜の夜に座ったままで
去年の真夏、ガンガン冷やした部屋の中で氷たくさんの飲み物だけ飲んでいた。
私はしょっちゅう熱中症にかかっていたので、冷やすことが必須だと思ったからだ。
乾燥した室内で、カーディガンもなし、それに炭酸飲料にアイスコーヒーとか。
だから、快適だと感じていた暑さ対策。
すると、次の冬、前の年の冬よりもかなり寒さを感じることが増加した。
部屋の外に出る業務が増えたこともあるが、寒すぎてコンビニへすら出れないという状況。
なので、おそらく、猛暑の中の生活習慣はその年の冬の体調管理にもつながると思う。
多く栄養を取り、バランスの良い生活をすることが一番だと思う。

陽の見えない大安の明け方にお菓子作り

今のようにインターネットが無くてはならない物になるとは、幼かった私は全く想像できていなかった。
品物を扱う会社は今の時代競争化が進むのではないかと思う。
パソコンを活用し、どこよりも価格の低い物を発見することが難しくないから。
レースがピークになったところでここ最近よく見れるようになったのが成功のためのセミナーや情報商材だ。
今は、成功するための方法が売れるようになっていて、何が何だかピンとこない。
手段と目的がごっちゃになってしてしまいそうだ。

怒って泳ぐ先生とあられ雲
アンパンマンは、小さな子に気に入られる番組なのに、しかしとても暴力的に思う。
話の最後は、アンパンチとばいきんまんをUFOごとぼこぼこにして終わりにすることがめっちゃ多いように見える。
こどもたちにもとっても悪い影響だと私には思える。
ばいきんまんとどきんちゃん達が、そんなに悪いことをしていないときでも殴って話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとどきんちゃん達を見つけたら、やめろといいながらすぐに殴りかかっている。
わけを聞くわけでもなく問答無用だ。
説き伏せるわけでもない。
ただ、ぼこぼこにして終わりにするからいつになっても改善されず、いつも同じ内容だ。
たぶん原作は攻撃的でないかもしれないけれど、テレビ受けの内容にするために戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

そよ風の吹く日曜の晩に昔を思い出す

挨拶用でいくつかスーツ用のシャツを購入しているけれど、いつもチョイスするときにたくさん試着する。
それだけ、かたちにこだわってしまうのも変わっているかと感じていた。
だけど、昨日、Yシャツはオーダーでと言っていた方がいらっしゃったので、非常にびっくりした。
けれど、シャツ一枚でかっこよく見えるのはいいな、と思った。

曇っている木曜の夕暮れは友人と
村上春樹の作品が楽しいと、周りの人々の評判を聞き、手に取ったのがノルウェイの森だ。
この本は、日本国内外でたくさんの人に読まれ、松山ケンイチさん主演での映画も公開された。
彼の本は、テンポが良く、サクサクと読めてしまう所が好きだ。
直子と緑との2人の女性の間でゆれる、ワタナベは、まるで生きる死ぬの世界でゆれているように感じる。
そのテーマを取り除いても2人の女性は魅力があると思った。
で、ハツミさんや永沢さんやレイコさんというスパイスが加わる。
全員魅力的でなにかしら陰の部分を持ちあわせている。
学生時代に知った作品だが、読みたいと思い、読んだことが何回かある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
素敵な返しだなと感じた部分。
だから、直子がうらやましいと思った。

湿気の多い大安の午前にお酒を

いつものEくんから届くメールの内容は、一体何のことを言いたいのか何も分からない。
お酒が入ってても酔ってなくてもいまいち理解不能だ。
しかし、E君が部署で考えたという、商品とおすすめに関する文章を読んだ。
まともな文書を書けるじゃん!と驚いてしまった。

気分良くお喋りする彼とオレ
一時期、体の調子が悪いのに、偏った食事と、睡眠の質が悪かったので、口内炎が激増した。
このままではマズいと考えて、生活習慣を改善することを誓い、肌に良い事をやろうと情報収集をした。
健康雑誌で推進されたのが、ニチレイアセロラドリンクだ。
今に至るまでごくごく飲む。
あのレモンよりも肌に必要なビタミンCが豊富に含まれているとの事だ。
ヘルシーと美肌は結局フルーツから作りだされるのかもしれない。

曇っている水曜の昼に想い出に浸る

見学するのに散策しながら長く歩き進まなくてはならない動物園は、8月はたいそう暑すぎてぐったりする。
友人夫婦とお子さんと私の家族と共に入ったが、すごく蒸し暑くてくたびれた。
ものすごく日差しも暑いので、どんな動物もろくに歩いていないしし、遠くの日陰にひっそりとしていたりで、あまり観察出来なかった。
今度は、建物内で日陰もある水族館などがかなり暑いときはいいかもしれない。
娘が幼稚園の年長くらいになったら夜の動物園や水族館も良さそうだ。

凍えそうな週末の午前はこっそりと
ネットでニュースをいつも眺めるけど、紙の媒体を読むことも好きだった。
現在は、ただで見れるインターネットニュースがたくさんあるから、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて購入しなくなってしまった。
ただ、読み慣れていたからか、新聞のほうが少しの時間で多くの量の情報を手に入れることができていたけれど、ネットのほうが関わりのあるニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで見やすい点はある。
一般的な情報から関連した深いところを見やすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞は小さくてものせているから目に入るけれど、ネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、アメリカの債務不履行になってしまうかもという話題が気になる。
債務不履行状態になるわけないと思っていても、もしそうなったら、日本もきっと影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。


フレーム下 class=

サイトカテゴリ


Copyright (C) 2015 レンジで温めた焼き魚と耳を立てる猫 All Rights Reserved.

ページの先頭へ