レンジで温めた焼き魚と耳を立てる猫

例えば、地球に初めて来た宇宙人に「劇団員」のことを説明するなら、どんなふうに説明する?「第一歩」の雰囲気とか、いや、まずはこの地球の説明から始まるのかもしれない。
フレーム上

暑い金曜の明け方は読書を

久しぶりに、明日香と麻衣子とツアーに行ってきました。
明日香と麻衣子は、私の大学の同級生で、一緒に学んだ仲間です。
しかも、勉強していたのが旅行業と、英語だったので、観光地巡りが、好きな生徒たちであふれていました。
その中でも、明日香と麻衣子を含む気の合う6人で色んな県へ旅をした思い出は大切です。
私は元々それほど友達が多くないし、それでそれで良いと考えています。
という事で、純粋に嬉しい言葉だけど、横で麻衣子が満足しているような雰囲気だったのもツボでした。

ぽかぽかした水曜の午前に冷酒を
湾の近くに私たちは、在住しているので、高波を父と母が懸念している。
ことのほか東北大震災後は、海と家がどのくらい隔たっているのかとか高所は家の近辺にあるのかとか話す。
妻と俺も安心できないのだけれど、手軽に引っ越し先も見つかるわけではない。
さりとて、本当に高潮がくるとなってしまった場合に回避する通り道を見つけていないとと思う、だけど、しかし、堤防近くしか近くに道路がないので、しっかり想像したら危ないと理解できた。

熱中して体操する君と穴のあいた靴下

学生のころよりNHKを見ることがとても増えた。
昔は、親や祖父母が視聴していたら、民放の映像が見たいのにと思っていたが、近頃は、NHKも視聴する。
楽しい番組がすごく少ないと思っていたのだけども、このごろは、おもしろい番組も以外と多いと思う。
それに加え、バラエティ以外のものも好んで見るようになった。
また、暴力的でないもの番組や息子に悪い影響が大変少ない番組がNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
民放では、アンパンマンですら大変攻撃的のように見える。
毎週ぼこぼこにして解決だから、子供も笑いながら殴るようになってしまった。

無我夢中で歌う彼と気の抜けたコーラ
太宰の斜陽の、好きの私は、静岡県の安田屋旅館に向かった。
一緒に太宰をよく読む母。
ここ安田屋旅館は、彼がこの本の章の一部を集中して書くために滞在した宿泊施設。
部屋を進むと、ギシギシと、音がする。
向かったのは、太宰治が宿泊した二階の古びた部屋。
雪をかぶった富士山が半分、顔を見せていた。
すぐそこの海にはいけすが作られていた。
この辺は足を運んだかいが大いにある。

月が見える月曜の昼はゆっくりと

甘いおやつがたいそう好みで、洋菓子やようかんなどを自分でつくるけれど、娘が大人のものを欲しがる年になって自作するものが気を付けなければならなくなった。
私たち親がめっちゃ楽しみながら口にしていたら、子供がいっしょに食べたがるのは当然なので子供も食べられるおやつを私がつくる。
自分は、チョコ系のケーキがめっちゃ好きだけれど、子供にはチョコ系のスイーツなどは小さなうちは食べさせたくないのでつくりたくてもつくれない。
ニンジンやバナナをいれた蒸しケーキが健康にもいいので、砂糖を少なくして入れて混ぜて焼く。
笑顔でうまいと言ってくれたら、すごくつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
近頃、ホームベーカリーも使って焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

勢いで叫ぶ彼女と月夜
今日は少年は、学校の給食係だった。
帽子とマスクをつけて、白い割烹着を着て、他の給食係達と、給食を給食室に取りに行った。
今日の主食は、お米じゃなくてパンだった。
バケツのように大きな蓋付きの鍋に入ったスープも。
少年は、一番重い瓶入り牛乳だけは、男子が運ばなければならない、と考えていた。
クラス全員分38本はかなり重い。
だから自分が、バットに入った牛乳を持ったけれど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に持ってくれた。
重たい牛乳を女子に運ばせたくなかったけど、同じクラスでちょっと気になるフーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思った少年は、少しドギマギしながら、そのまま2人で牛乳を運ぶ事にした。

雨が降る水曜の夜明けはこっそりと

何故か今頃任天堂DSに熱中している。
はじめは、英検対策にもっと英語漬けや英語関係のゲームソフトを中心にしていたのみであった。
しかし、ヤマダ電機でゲームソフトを見ていたら、英語関係以外も目移りしてしまい、無駄に購入してしまう。
戦国無双やリズム天国、育成ゲームとか。
旅行に役立つ、中国語講座も売れているらしい。
これだけあれば、電車内などのちょっとした空き時間には有効活用できそうだ。

気どりながら話す君とあられ雲
読書をすることは好きだけど、全ての本に関して好きなはずはない。
江國香織さんの文章にとても魅力を感じる。
もう何年も同じ作品を読み進めているほどだ。
ヒロインの梨果は、8年を共にした恋人の健吾に別れを告げられてしまうが、そのきっかけである華子と一緒に暮らすようになるというとても奇妙な話だ。
ラストは衝撃的で大胆な形だととれるが、それを知ったうえで内容を思い出すと「確かに、そうなるかもしれないな」と思わされる。
とにかく江國香織は言葉選びや登場させるミュージックや、物など、魅力を感じる。
ミリンダが出てくるとミリンダが飲みたくなるように書かれているし、べリンダ・カーライルや古内東子といった音楽がでてくると私もCDをかけてしまう。
物の表現の方法が得意なのかもしれない。
そして、悲しい美しさだと思った、というワードがどこで作られるのだろう。
そんな表現力に魅力を感じ、夜中に何度も同じ江國香織の本を読んでしまう。
好きな本との夜更けの時間が夜更かしの発端なんだと思う。

控え目に叫ぶあの人とぬるいビール

人間の70パーセントは水だという調査もあるので、水分摂取は人類の重要点です。
水分補給を欠かすことなく、みなさん健康で楽しい季節を満喫したいですね。
ぎらつく日差しの中から蝉の声が耳に入るとこの頃、いつもそんなに外出しないという方でも外出したいと思うかもしれません。
すると、女性だったら紫外線対策について丁寧な方が多いのではないでしょうか。
暑い時期の肌の手入れは夏が過ぎた時に出るという位なので、どうしても気になってしまう所かもしれません。
そして、すべての方が気になっているのが水分補給に関してです。
まして、いつも水分の過剰摂取は、良いとは言えないものの夏の時期は少し例外かもしれません。
なぜなら、多く汗を出して、気付かないうちに水分が出ていくからです。
外に出るときの自身の具合も関係することでしょう。
ともすれば、自身で気付かない間に軽度の脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
暑い時期の水分補給は、次の瞬間の健康状態に表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれません。
短時間歩く時も、小さなもので充分なので、水筒があるととっても便利です。
人間の70パーセントは水だという調査もあるので、水分摂取は人類の重要点です。
水分補給を欠かすことなく、みなさん健康で楽しい季節を満喫したいですね。

気持ち良さそうに踊る弟と私
台湾出身のビビアン・スーは、綺麗で才能あふれる人だ。
もう30代の終盤なんて、少しも信じることが出来ない。
過去に見たテレビ番組で、今でも覚えているのが、ビビアンが、米国人からのインタビューに答えていた部分。
ちょうど学び始めたばかりのようだったけれど目を引くくらい努力が見られた。
今では英語だけでなく日本語も、すっかり話せるだろうとみている。
努力家であるビビアン・スーの素敵さは目を見張る位深い。


フレーム下 class=

サイトカテゴリ


Copyright (C) 2015 レンジで温めた焼き魚と耳を立てる猫 All Rights Reserved.

ページの先頭へ